先輩歯科衛生士の
成長ヒストリー

~なりたい自分に必ずなれる~

DH Takigawa


 ALBAGROUPを始めて見学した時に感じたのは、とても明るい雰囲気の歯科医院だな、ということ。先輩も丁寧に説明してくだったので、「ここなら安心」と感じて応募を決めました。

 入職してからも、ひとつひとつ丁寧に仕事を教えてもらえたので、できることを着実に増やしていけましたね。

 でも、周りと自分を比べて「なんで私はできないんだろう、、、歯科衛生士にむいてないのかもしれない」と悩んだこともありました。けど、そんなときも先輩が人と比べる必要はない、昨日の自分より成長していれば大丈夫、と励ましてくれたんです。今でも、落ち込んだ時はその言葉を思い出しています。

 最近練習をしているのは。TEKの作成。

 実際の口腔内で、素早く確実に処置を行うことが課題です。そのために、ドクターや先輩衛生士の処置を見学したり、TEKの患者さんを積極的に診たりしていますし、空き時間に練習をしていると、仲間が声をかけてくれたり、先輩やドクターがアドバイスをくれたりしてくれるので、とてもありがたいと思っています。最近では、少しずつではありますが、上達してきたな、と関ることができます。

 新人の頃は、ただ頼まれたことを時間内に行うことで精いっぱい。失敗をしないことに気をとられていたので、患者さんとコミュニケーションをとる余裕はありませんでした。

 その結果、せっかくクリーニングをしても、次の定期検診の時にはプラークや歯石がたくさんついていることも多く「処置の技術を追っているだけでは患者さんの口の健康は守れない。患者さん自身の意識を高めなければ」と改めて実感させられました。

 それからは、保健指導に力を入れて、歯の大切さをわかりやすく伝えることを心がけています。

 もともと、私が歯科衛生士を目指したのは、人の役に立つ仕事がしたかったから。患者さんに「すっきりした」と喜んでいただけたり、「次も担当してもらえる?」と指名していただけたりすると、歯科衛生士としてだれかの役に立てているという実感が湧きますし、やっぱりこの仕事を選んでよかったな、と感じます。

 今後は、特にご高齢の方の対応に力を入れたいと考えているところ。また、自分が先輩からいろいろなことを教えてもらったように、今度は、私が後輩をしっかり育てていきたいですね。

DH Suzuki


私がALBAGROUPへの就職を決めたのは、求人票に社会保険や産休育休制度、住宅手当に年に一度の健康診断など書ききれないほどの福利厚生がびっしりと記載されていて、スタッフのことをとても大切にしているということが伝わってきたからです。

面接などではなかなか聞きづらいことでもありますから、しっかりと記載していた点は、非常に安心感がありましたね。

実際に入社した後も、必ず定時に帰れることに驚いたことを覚えています。

ALBAGROUPは絶対に残業をしません。みんなで「時間です終わりましょう」と声を掛け合って仕事を終えています。変な馴れ合いがあるわけではなく、休憩時間もだらだらせずに切り上げるなどメリハリをつけて仕事をしています。

休日の取得も週2日、週2.5日、週3日と自由度が高いので、オンとオフをきっちり分けて、自分のライフスタイルにあった働き方ができるのはとてもありがたいですね。

また、新型コロナウイルスが流行した際には、希望者には休業手当を支給したり、品薄のマスクを支給してもらったり、会社ぐるみでソーシャルディスタンスに取り組むなど、みんなが不安な中、対応もしっかりしてもらったことも安心でした。

正直、ALBAGROUPはとても忙しい歯科医院です。私が勤めている院でも、一日100人以上の患者さんが来院されることは珍しくありません。

なので、ドクターとスタッフの連携はとても大切です。患者さんが少しでも疑問を持ったとき、診療内容をドクターしかわからないと、すぐに答えられなくて不安にさせてしまうこともあると思うので、分からないことなどはすぐにドクターに質問して、理解するように努めていますし、それに対してドクターもわかりやすく答えてくれたりと、ALBAGROUPには職種による隔たりがないので、みんなでいい治療をしよう!という志を共有した最高のチームワークを持っています。

また、ただ忙しいだけではなく、インプラントやホワイトニングなどいろいろな治療を行っている歯科医院でもありますので、自分の姿勢次第であらゆる知識して無限に成長できる環境だと思います。私も、限られた時間の中でより満足してもらえる対応を常に考え続けてきましたが、処置のスピードだけでなく、その内容が浅いものになってしまわないようにセミナーにも参加して新鮮な知識を取り入れるようにしています。

ALBAGROUPでは、ドクターだけでなく、衛生士や助手にも外部講師を招いたセミナーを実施しているので、今までになかった視点から、新しい知識を取り入れる機会があります。

そうやって身に着けた知識が役に立って、「とても気持ち良かったありがとう」「あのすすめられた歯磨き粉を使ってみたけどすごくよかった」と患者さんに言っていただけると、この仕事をしていてよかったなあ、と思いますし、これからも頑張ろう!と気合が入ります。

ALBAGROUPでは、年に一度全てのスタッフが集まるALBAフェスを開催して出し物をしたり、豪華景品のビンゴゲームをしたりしているのですが、その時に撮った集合写真を見ると、こんな大きな歯科医院で働いているんだなあ、と少しワクワクしたような誇らしい気持ちになります。

私たち歯科衛生士が成長することで毎日来院してくださる患者さんに対してより良い診療に繋がります。

自分のなりたい歯科衛生士像があるのならどんな歯科医院に所属するかはとても重要です。

そのためにしっかり情報を集め、「この歯科医院で働くと自分の為になる」と思える場所を見つけてください。

見学も大歓迎、ぜひ、ご応募お待ちしております!

DH Ogasawara


前職の歯科医院ではあまり歯科衛生士業務をする機会が少なく、これからのキャリアアップを考えた時に、インプラントや矯正など様々な症例、年齢層の患者様が多く訪れる歯科医院で働きたいと思いALBAGROUPに入社を志望しました。

毎日幅広い患者様が診療をさせていただく中で、少ない時間の中ですが丁寧に、また患者様の不安な気持ちをなるべく取り除けるように声掛けを小まめにするよう心掛けています。以前、歯科医院が怖いと何年も行けなかったとおっしゃっていた患者様を担当させていただいた時に、患者様に丁寧な説明を心掛けたことで徐々に診療に慣れ「お掃除してとても気持ちいい」「症状がなくなってきた!」と喜んで通い続けている姿を見ると私自身も患者様から元気を頂いてます。

また、ALBAGROUPは分院展開も積極的にしてます。私が勤務している元住吉院は、オープニングスタッフとして立ち上げから携われせて頂き、歯科衛生士としての経験だけではなく、医院を一から作り上げていく事の大変さとやりがいを感じることが出来ました。

また私は、生涯歯科衛生士として働き続けたいと強く思っています。福利厚生などの制度がしっかりしているので、ライフスタイルの変化に合わて働くことのできる環境が整ってます。

多くの患者様が来院されるので、自分自身の知識や技術を常に磨いていく事が必要不可欠ですが、ALBAGROUPはその成長できる環境が整っています。一緒に成長目指していきましょう!